tac-photo撮影日常

教会式について

Processed with VSCO with f2 preset

おはようございます。フォトグラファーの飯岡です。
昨日は横浜にある教会での撮影でした。

結婚式の中には挙式スタイルがいくつもあり、さらに和と洋によっても違いがあります。
本日は教会式(チャペル式)についてカメラマンとして魅力的に感じたポイントをお話しできたらと思います。


教会式の特徴の中で、僕が特に素敵だなと思ったポイントは2つあります。

①教会を背景に撮影できる事

とても当たり前のことですが、大切なポイントです。
写真においてロケーションというのはとても大切で、背景に教会があることによって、写真の雰囲気をガラッと変えられます。

お二人のロケーションはもちろん、天気がいい日だったら教会の階段でフラワーシャワーなどを行うと、素敵な写真が残せると思います。
友人やゲストに囲まれながら教会から出てくるところは、まるで海外で挙式を挙げたような雰囲気のお写真を残すことができます。

②お二人と友人だけの空間

ホテルやレストランなどで結婚式を挙げると、裏でも他の結婚式が行われている場合が多いです。
一方、教会で挙式を行う場合、その時間その場所にいるのはお二人に関わりのある方のみになります。

お二人の友人や親族、ゲストに見守られて、荘厳な雰囲気の中で結婚式を行なっている姿を撮影するのは、何度見ても心が震えます。
厳粛な雰囲気の中、決意を誓う新郎新婦、そしてそれを見守る家族や友人の表情からはとても感情が伝わりますし、お二人にとっても一生の思い出になると思います。

 

ホテルやレストランとは一味違った結婚式を求めている方にはとてもオススメです。
様々な場所や時間帯での撮影経験がありますので、どんな場所でも対応できます。

一生に一度の結婚式だからこそ、こだわりを持ってカメラマンも選んでいただければと思います。
撮影のご依頼や、お問い合わせなどはお気軽にご連絡くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です