撮影の中で大切にしていること

雨が続いて、ジメジメする日が続きますね。
そんな時は、雨を生かした撮影や、視点を変えて世界を切り取ることを心がけております。


本日は撮影の中で、私が大切にしていることをお伝えしたいと思います。
結婚式当日、結婚式の現場では、さまざまな『感情』が動いています。

たとえばこんな時間です。
朝のお支度部屋でのもう少しで挙式がスタートするんだ
という新郎新婦様の緊張感ある表情。
挙式が終わった後に、緊張の糸が途切れて涙する親御様の表情。
お二人の決意や愛情を感じて涙するご友人。

そういった一瞬一瞬を逃さず、
その場の空気感を丸ごと写真におさめたい、
常にそう思いながら撮影を行っております。

撮写真というのはその日一日の為だけでなく、
この先のお二人の人生の『一生の宝物』になってほしいと考えております。

たとえばお子様が出来たとき、一緒に写真やアルバムを見返して、
お子様にも感動を伝えて頂けたら嬉しいです。

また何か大変ことがあった時、私たちはこんなにも幸せだったなぁ、
という事を思い出していただければ嬉しいですし、

そういった今後の人生にとっても
かけがえのない大切なものの一瞬を残すために、
お二人が好きだなと感じるものに共感し、
お二人の見ている世界を残していきたいと思っております。

一生に一度の結婚式だからこそ、こだわりを持ってカメラマンを選んでいただければと思います。
撮影のご依頼や、お問い合わせなどはお気軽にご連絡くださいませ。

 

関連記事

  1. 卒業式を終えて

  2. はじめまして。

  3. 晴耕雨読傘/初のクラウドファンディング撮影

  4. これまでのこと

  5. 教会式について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP